季節を感じるお食事を目指して(栄養管理食事サービス部)

アイユウの苑しおはま・アイユウの苑ゆめタウンの食事サービスは、同一の委託先(有限会社アミタ)との契約の関係上、同じ献立内容で提供させていただいております。

日々の献立で大切にしていること。それは「季節感」。旬の食材や季節献立を取り入れ、利用者様にも「季節のうつろい」を楽しんで頂けるよう、委託栄養士、施設栄養士協力のもと、献立作成に力を注いでおります。

先日、アイユウの苑しおはま全職員(35名)へ食事満足度アンケートを行ったところ、献立に関する満足度は77% そのうち「大変満足」との回答は18% 昨年度より5%のアップとなりました。昨年度「献立のマンネリ」について多くの意見を頂く結果となり、今年度は新しい献立導入にも取り組んでいるところです。また今回のアンケートでは「食材で季節を感じることが出来、利用者様との会話も膨らむ。」との嬉しい感想もいただきました。

11月献立の一例として「秋刀魚の塩焼き(カボス)」「ぶり大根」「秋鮭の散らし寿司」「芋ご飯(施設にて収穫)」「さつまいもの天婦羅」「谷中ご飯(新生姜)」「柿なます」「柿の白和え」「南瓜サラダ」等々、提供予定です。どうぞお楽しみに!!!

旬の食材を使用した献立の一例として10/3「舞茸の天婦羅」「柿なます」10/31「南瓜のハロウィングラタン」11/1「栗入り赤飯」「鮭の幽庵焼き(柚子)」を写真で紹介いたします。

栄養管理食事サービス部 アイユウの苑しおはま 管理栄養士 松宮志真

カテゴリー: 栄養管理食事サービス部(彦島迫町)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です