作成者別アーカイブ: 社会福祉法人松美会 アイユウの苑

今日は天婦羅うどん(栄養管理食事サービス部)

9月に入っても厳しい残暑が続いていましたが、台風がもたらした雨のせいか、暑さが少しやわらいできましたね。朝夕の涼しさに、秋が近づいているのを感じます。

さて、本日昼食は、えび天とかき揚げの「天婦羅うどん」です。ズズズッと、麺をすする音は、皆さんの食欲を掻き立てるようです。

「おだしが、よく効いてて美味しいよ」「麺類が好きでね。嬉しいよ」など、喜んでいただけました。

【本日の献立】

・ゆかりご飯(利用者様はおにぎり)

・天婦羅うどん(えび天・かき揚げ)

・ほうれん草の菜種和え

・イチゴババロア

栄養管理・食事サービス部 管理栄養士 鶴丸千佳

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: ショートステイ(長府ゆめタウン), 地域密着型介護老人福祉施設(長府ゆめタウン), 栄養管理食事サービス部(彦島迫町) | コメントをどうぞ

発会式(しおかぜの里こども園)

「♪〜戸締り用心、火の用心」

6月26日に年長の子どもたちは発会式に参加しました。

真剣に先生の話を聞き「火遊びはしません!」とみんなでお約束をすることができました。

少し長くて覚えられるか不安だった“防火の誓い”も朝の会や帰りの会の中で練習を重ね、本番では自信をもって大きな声で宣誓できました。

最後に1人ずつ纏(まとい)を持って記念撮影。

これでみんなも立派な幼年消防クラブの一員です!

しおかぜの里こども園 保育教諭 中西莉子

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: しおかぜの里こども園(彦島迫町) | コメントをどうぞ

夏野菜を収穫しました

 こども園の畑では、野菜がすくすく育っています。6月には玉ねぎとじゃがいもの
収穫をしました。そのあとさつま芋と夏野菜を植えました。今年の玉ねぎやじゃがい
もは小ぶりでしたが、夏野菜はビックリするほど大きく育っています。どんどん生長
する野菜に子ども達も「もうとれる?」と毎日収穫を楽しみにしています。

 秋にはさつま芋の収穫が待っています。大きくなるように願いを込めて水やりを頑
張っています!

しおかぜの里こども園  保育教諭 安田和香奈

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

しその葉が元気に育っています!(栄養管理食事サービス部)

大変な猛暑が続いていますが、アイユウの苑しおはま苑庭では「しその葉」がすくすくと育っています。昨年、園芸が得意な職員が裏庭スペースを綺麗に開墾。堆肥づくりから取り組み、ふかふかの土に紫陽花、ハラン、オリヅルランなどが植栽されています。その傍らに芽吹いた「しそ」。その後も堆肥や施設で出てくる「お茶がら」などをすき込み、今では出荷できるほど立派に育ちました。もちろん無農薬で虫食い一つありません。暑さの中で青々と揺れる姿も清々しいですね。また、爽やかな香りも魅力です。酢の物をはじめ、日々の利用者様の献立に大いに活用しています。

〜しその栄養成分と効能〜

・カロテン(ビタミンA)・カルシウム・鉄分・ビタミンB1・B2・Cが豊富

・老化を防止する抗酸化作用

・防腐作用

・解毒殺菌作用

⇒刺身やお寿司と一緒に

・身体を温め、感冒の初期症状の緩和

・花粉症などアレルギーの緩和

・芳香の成分はベリルアルデヒド(シソアルデヒド)

⇒リラックス効果の他、嗅覚を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させる作用も。

栄養管理食事サービス部 主任管理栄養士 松宮志真

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: 栄養管理食事サービス部(彦島迫町) | コメントをどうぞ

事例検討会(ケアマネジメントセンター)

「事例検討会」と言葉で表しますと、とても堅苦しい感じがしますが、当事業所では、よりよい支援方法をご利用者様にご提案できるように、定期的にケアマネジャーが話し合いを行っています。

私が、担当をさせていただいている、高齢者(女性・91歳)の方は、認知症を発症し、生活面でも様々な課題に直面しておりました。この方には身寄りがおられず、在宅か?施設か?と考えることもありましたが、気丈にもお一人暮らしを希望されます。ご年齢を考えると、将来への漠然とした不安が払拭できずにいました。

ご本人の意思を尊重しつつ、生活の基盤を整え、各サービス事業所職員の意見を聴きながらも、私自身、ケアマネジャーとしての思考に捉われることもあり、対応に苦慮しておりました。事例検討会を通して、他のケアマネジャーから、いくつかの質問を受けた時に「ハッ」とさせられ、これまでの自分の視点のみではなく、客観的に考えることができ、結果的に私自身の不安は解消につながったように思います。

“高齢者の望む生活”に寄り添い、安心して生活を送ることができるよう、また他のケアマネジャーとの情報交換も密に行いながら、これからも知識や技術を深めていきたいと改めて感じることができました。

アイユウの苑ケアマネジメントセンター 介護支援専門員  永住充至

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: ケアマネジメントセンター(彦島迫町) | コメントをどうぞ