災害に備えて(特別養護老人ホーム)

昨日、迫町自治会主催の防災についての勉強会に施設から3名の職員が参加してきました。迫町自治会では、例年、この時期にDIG(災害図上訓練)を実施されていましたが、この度は趣向を変え、下関市防災課の方による出前講座が実施されました。

講座の中では、様々な災害の説明と共に、その災害が起こった際の迫町の被害予測など分かりやすく興味のある説明をして頂き、大変貴重なお話を聞くことができました。

19時から開始と少し遅い時間の開催ではありましたが、迫町にお住まいの皆さんや企業等の賛助会員の皆さんなど、多くの地域の方が集まり熱心にお話を聞いていました。

災害時、彦島地区ではまず、支所併設の避難所が開設されると聞きました。その後、必要となれば市からの連絡を受けてそれぞれの避難所が開設することになります。私たちの施設も、土砂災害以外の災害時に開設される「指定避難所」の一つに指定されています。施設にお住まいの方の安全を守ると共に、災害時に地域の皆さんが避難されてくることを想定した、「私たちにできる備え」をしっかり行っていきたいと思います。

特別養護老人ホーム アイユウの苑 生活相談員 高下康司

カテゴリー: ショートステイ(彦島迫町), デイサービスセンター(彦島迫町), 特別養護老人ホーム(彦島迫町)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です