豆まきをしました(特別養護老人ホーム)

2月4日に、特養で豆まきを行いました。当日は、鬼の格好をした職員に向かって、元気よく豆を投げようとするご利用者様が多くいらっしゃり、終始明るく、和やかな雰囲気であったのが、とても印象的でした。

本来、豆まき行事は、邪気を追い払うために、古くから執り行われていると言われています。また、豆には、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあるとされています。

一年の無病息災を願いながら、今年一年、ご利用者様お一人おひとりが、健康で安心して日々の生活を過ごすことができますよう、真心を込めて支援していきたいと思っています。

特別養護老人ホーム アイユウの苑  生活相談員 稲田 智明

カテゴリー: ショートステイ(彦島迫町), 特別養護老人ホーム(彦島迫町)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です