9月9日 重陽の節句(栄養管理・食事サービス部)

9月9日は「重陽の節句」。別名「菊の節句」とも言われます。3月3日の桃の節句は有名ですが、「重陽の節句」に関しては以外と知られていないようです。

「節句」とは「季節の節目に行なわれる伝統行事」のこと。他の節句と同様、この「重陽の節句」も中国から伝わってきたものです。

中国には「陰陽思想」というものがあり、この世の全てのものは「陰」と「陽」で成り立っているという考えがありました。

そして数字の奇数は「陽」を表すために、縁起がいい数字だと考えられました。

特に「九」という数字は陽の気が極まった数字。9月9日は「陽」が「重」なった日、つまり「重陽」となったのです。

中国では邪気を払い、長寿の効能があると考えられていた菊を用いて、この重陽の節句を祝っていました。

日本でも菊を飾った宴が開かれ、菊を愛でたり、酒に菊の花びらを乗せた「菊花酒」を楽しんだりしたのです。

本日夕食の「青菜の菊花和え」にも「食用菊」を使用してみました。ポスターをリビングに掲示し、食事時間の話題のネタとしても活用いただきました。

小鉢の中の菊の花を愛でていただきながらのお夕食。

暑かった今年の夏ですが、アイユウの苑しおはまのお食事も、少しずつ秋の訪れを感じる今日この頃です。

栄養管理・食事サービス部 管理栄養士 松宮 志真

カテゴリー: 住宅型有料老人ホーム(彦島塩浜町), 地域密着型介護老人福祉施設(彦島塩浜町), 小規模多機能型居宅介護(彦島塩浜町), 栄養管理食事サービス部(彦島迫町)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です