積極的認知症ケア(グループホーム)

当苑では、グループホームで一般的な、家事にご利用者に参加していただき、それを職員がさりげなく支援するケアに加えて、くもん学習療法を筆頭に、積極的に脳を活性化するケアを推進しています。

くもん学習療法のよいところは、ご利用者に合ったレベルで、100点満点のケアが提供できるところです。

例えば調理に参加していただくケアを提供した場合、最初はほぼ100の割合で一人で工程ができていたご利用者も、加齢や病気の進行にともない、できる割合が70、60と減ってきます。その不足分を職員がさりげなく補うのですが、50を下回ってくると、徐々に無理が生じてきます。やがて、「この方には調理は難しくなったから、他に参加していただく、よい内容はないか・・・。」となっていきます。

くもん学習療法では、調理が100の割合でできる状態では高いレベルの教材を使用した学習(楽習)、40の割合でできる状態になったら、その状態で100点満点が取れる教材にレベルを調整した学習(楽習)ができます。

ご利用者に合わせて、職員や学習教材が変わるという視点は、私達のケアそのものに大きく影響を与えています。

アイユウの苑グループホーム  管理者 江藤文彦

カテゴリー: グループホーム(彦島田の首町)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です