暑い夏には水鉄砲射的で“涼”を!(特別養護老人ホーム)

ご利用者様数名にお声掛けし、水鉄砲を用いたレクリエーションを行いました。水鉄砲を発射する的には、山口県のキャラクターの「ちょるる」や、夏にちなんだかき氷やスイカ等手作りで作成したものをご用意。参加された方からは、「こんなことをしたのは久しぶりよ。なかなかよく飛ぶね」等と嬉しそうにお話しをされたり、水鉄砲を両手で持ちながら、前のめりとなり、的をめがけて水鉄砲を発射しようとする楽しそうな様子が伺えました。

ついつい童心にかえる。遊びでありながらも真剣なまなざしの奥にワクワクするような感情が垣間見られました。ワクワクするような企画。これからも続けたいです。

特別養護老人ホーム 生活相談員 稲田智明

※特別養護老人ホーム広報誌「さこ通信」12号より

カテゴリー: ショートステイ(彦島迫町), 特別養護老人ホーム(彦島迫町)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です