カテゴリー別アーカイブ: 訪問看護サービス(彦島迫町)

訪問看護は、本当に休みの日も活動しているの?!(訪問看護サービス)

世の中のサービスには「24時間365日体制」とあっても、実際は活動実績があまりない…そんなこともあるような…。アイユウの苑訪問看護サービスも、そんな「24時間365日体制」を宣言しています。ですが、その活動の実態は果たして宣言通りなのか…?今回、昨年度と今年度の土曜、日曜、祭日の活動の実績を調べてみました。

以前は、在宅ターミナルケアのご利用者様も多く、夜間の緊急対応も多かったのですが、ここ何年かは、夜間に呼び出しされることが、少なくなりました。これは、病状が安定したご利用者様が多いこともありますが、日中にしっかりと状態を把握しご家族様にも、的確な指導が行えていること、また、介護者であるご家族様がしっかりとした観察が出来ており、日中に連絡を行っていただけていることから、早めの対応ができているためだと思っています。アイユウの苑訪問看護サービスでは、今後も、ご利用者様が安心して在宅生活が送れるよう「24時間365日体制」にて支援して参りたいと思います。

訪問看護サービス 管理者 岡田千恵子

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: 訪問看護サービス(彦島迫町) | コメントをどうぞ

デイサービスとの連携の大切さ 「心に残った一言」(訪問看護サービス)

ある日、いつものようにデイサービスを訪問すると、「なんか、おかしいんです。いつもと違うんです。いつもなら、きちんと歩けるのに、今日は、腕が下がって左側に傾いているし、手に力が入らないようなんです」と報告がありました。バイタル値は安定、会話もスムーズですが、食事中に、左手に持っていたお茶碗を落とし、離(り)握手も若干左のほうが弱い状態。異常を感じた職員さんが、ご家族に連絡し、お迎えをお願いしていたことから、総合病院の脳神経外科に受診するように説明をしました。

次の日、連絡が入り硬膜下血腫にて手術を行うとのこと。普段から関わる職員の観察力の大切さを改めて感じました。

普段から、ご利用者様の様子把握を必死に努めていたからこそ異常を早期に発見できたのだと思い、「気づくことができて本当にすごいな」と素直に感じました。私たちは、毎日そのデイサービスに訪問させて頂いていますが、同じようにご利用者様と向き合えていたでしょうか。少し不安となり落ち込んでいたところ、「看護師さんが来てくれて、本当に心強かった」との管理者さんからのお言葉。職員さんの何気ない一言がとてもうれしく、元気を頂いたとともに、心が少し軽くなりました。

今回、普段からの気づき力と、多職種の連携の強さが、ご利用者様の為になるということを改めて強く感じました。それぞれが専門的な視点、知識、技術をもって連携し、ご利用者様お一人おひとりと真剣に関わることがとっても大切ですね。

訪問看護サービス  管理者 岡田千恵子

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: 訪問看護サービス(彦島迫町) | コメントをどうぞ

【シリーズ】多くの看取りを通して感じたこと3(訪問看護)

今回は、87歳、膵頭部癌末期の頑固な男性の方のお話です。

この方は、黄疸が出て病院受診し膵臓癌と確定診断を受けました。手術しないと決められましたが、糖尿病も発症してしまい血糖コントロールのためインシュリン注射が開始となりました。入院中なかなか自力でインシュリンを打つことが出来ず、退院と同時に訪問看護が導入となりました。

ターミナルではありましたが、病状的には落ち着いており、一人暮らしを続け、自分で買い物に行ったり、他県に住んでいる娘さんやお孫さんが尋ねてきた時は、遠くまで外出もされていました。時に低血糖を起こすこともありましたが、それ以外は、健康な方と何も変わらない生活を送っていました。近所の方にも支えられ、友達と出かけては楽しく生活されていました。体の痛みは、「少し、チクチクする」という程度の痛みで生活に支障は見られませんでした。訪問開始から5ヶ月を過ぎたある日、多量の吐血、下血を起こし救急搬送を行いましたが、入院から4時間後にお亡くなりになりました。

この方の余命は、1年以上はあるだろうと言われていましたが、腫瘍破裂により思ったより短い命でした。毎日の血糖測定とインシュリン注射を行うために訪問看護が開始されたのですが、訪問するとすでに自分で行っており、看護師は数値の確認だけを行うことが多くなりました。訪問回数を減らすことを提案したのですが、「毎日来てほしい」と言い続け、家族と相談の結果、安否確認も兼ね、毎日訪問を行いました。訪問時は、自分の作ったお餅や焼き芋を看護師に振る舞い、アルバムを見ながら亡くなった奥さんの話や、自分の故郷の話を楽しそうにされていました。一人暮らしのご本人様にとっては、看護師が来る時間を楽しみにされていたようです。多量の吐血、下血を起こしたときは、もっと早くに前駆症状に気づいていたら、命を落とすことはなかったのではないかと後悔しました。しかし、医師より、「手術をして施設に行くように促したが、最期まで自分の生きたいように生き、好きなことが出来て本当によかった」と言われ、私達看護師も救われました。家族も、同じ思いを抱いたそうです。

私達は、多くの癌患者様に接する中で、自分の行った看護が、本当に正しかったのか、いつも考えさせられます。最期の時を迎えた時に、本当にご本人様の望んだ最期だったのか、医療従事者のエゴで終わっていないか常に考えるところです。多くの看取りの中で感じることは、人の命は長さではなく、「どのように生きたいのか、生きたのか」が重要ではないかいうことです。自宅で最期を迎えるということは、死を待つということではありません。いかに「自分らしく生きる」か、生き方を選択することではないかと思っています。

訪問看護サービス 管理者 岡田千恵子

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: 訪問看護サービス(彦島迫町) | コメントをどうぞ

ふくし生活SOS出張相談会inシーモール下関(法人事務局)

下関市内の社会福祉法人の会員法人で構成される、『下関市社会福祉法人地域公益活動推進協議会』が主催している「ふくし生活SOS出張相談会」に参加してきました。

この相談会は、会員法人が有するマンパワーとその専門性を活かして、市民の皆さんが気軽に立ち寄れるショッピングモール等で福祉・介護・子育てなど福祉の総合相談会を開催することで、相談窓口を身近に感じていただくとともに、専門性の高い相談支援を行うことで市民福祉の向上を図ることを目的としています。

私たちの法人が担当なのは、11月10日に開催されたシーモール下関での相談会と、11月17日に開催予定のゆめタウン長府での相談会です。

シーモール下関の相談会では、血圧測定や体脂肪測定、もの忘れ診断などのお手伝いと相談の受付を行いました。

制度のはざまで相談することなどができず、悩まれている皆さんの悩みが少しでも解決できるよう今後も協議会の会員としてお手伝いが出来ればと思います。

法人事務局 地域活動推進委員会 髙下康司

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: ショートステイ(彦島迫町), 法人事務局(彦島迫町), 特別養護老人ホーム(彦島迫町), 訪問看護サービス(彦島迫町) | コメントをどうぞ

インシュリン自己注射におけるかかわり(訪問看護サービス)

日本における糖尿病患者は近年、1000万人を越えたとの報告がありました。自宅でインシュリン自己注射の治療を行っている人も年々増えているようです。

インシュリンの自己注射や血糖測定、低血糖時の対応など若い時にはできていたことが、高齢となりできないことが増えていき、血糖コントロールが安定しない状況となり病状が悪化していく結果となっていきます。

身体障害のある息子さんと高齢で左上下肢の麻痺があるYさんは、二人で生活をされています。Yさんは、糖尿病で内科に通院していましたが、インシュリンの自己注射が必要な状態となりました。しかし、高齢で体が不自由なYさんは自らインシュリンの自己注射をすることができません。そこで、訪問看護がご自宅にうかがった時と、デイサービスに通所されている時に血糖測定・インシュリンの自己注射をすることになりました。息子さんと二人では食事療法は全くできていない状況でしたが、サービスを利用してインシュリンの自己注射を継続して行うことで血糖値が徐々に安定し内服薬を減らすまでになりました。

高齢でインシュリンの自己注射が自ら出来なくてもサービスを利用することで継続して施行することでき、病状の悪化を防ぐことができます。今後も在宅で療養される利用者様の助けとなり、病状悪化の防止に努めたいと思います。

訪問看護サービス 看護師 前田圭子

にほんブログ村の「下関情報」「高齢者福祉・介護」カテゴリーに参加しています。
応援よろしくお願いします!(クリックすると応援ポイントが入ります)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー: 訪問看護サービス(彦島迫町) | コメントをどうぞ